toisikunの消費生活

買ったものや好きなものややりたい事の記録。東京北・東エリアが主。

JR SKI SKI

 

f:id:toisikun:20190113150247j:plain

 3連休の中日にスキーに行ってきた。2009年にニセコのスキーに行った以来なのでほぼ10年ぶり。

だいたいの費用はこれぐらい。

SKI日帰り 岩原スキー場

・新幹線(上野〜越後湯沢往復、往路グリーン車)+リフト券+レンタル500円割引券:12,900円

・スキー板(ショートスキー・ストック無し・ウエア・ブーツのフルセット)5,500円

ぶりぶりの初心者だったので、リフトから降りる時や板を外す時に非常に不便だったので、ストックは付けておけばよかった。次からつける。

・昼食:ピットーレ岩原でビールとピザ(クアトロ、キノコのピザのハーフ)とチョコケーキなど2人で5,300円。美味かった・・・。

・場内の自販機は意外と普通価格で麦茶が130円

・駅〜スキー場間のバスは無料

・夕食は蕎麦屋「しんばし」にてへぎそばと巨大な舞茸天で2人で4,000円

そばの香りとコシがしっかりした良いそばでした。予約してよかった。。。

越後湯沢駅構内で野沢菜昆布わさび風味カップ、10年熟成味噌、イカの塩辛を買う。2,004円。

・さらにさらに駅構内の屋台のようなところで400円のジャンボ鶏モモ串、500円のつぶ貝串焼きも食べる。

 

すごい人混みであり、レンタル完了まで小一時間かかったんじゃないか。リフトもレストランも新幹線もバスも全て混んでいたが、それでも楽しかったな。次週もスキーに行く予定。

 

 

 

豆乳ラテとスペアリブ

本日も休み。昼前にジムに行き走ったりバイクを漕いだり色々と。セブンイレブンのタンメン(¥398)と賞味期限切れの豆腐を食べる。クリーニングやら映画のチケットを買う。ドトールで豆乳ラテL(¥410)を飲みながら読書。
有楽町でスキーの予約。自宅で食事を摂ろうかと思ったが、仕事帰りの相棒と西日暮里駅の大将で食事。人が潤沢にいて良いと思った。どれも美味しい。日本酒が豊富。

2人で¥6,400ぐらい。スペアリブが思ったより大きかった。また来たいです。

帰って人生で初めてナウシカをちゃんと観る。思ったよりも暗い話だった。

f:id:toisikun:20190104195652j:plain

 

オール柳井とスープカレー

12月31日から2日までは配偶者の実家に滞在。30分の間も空けず飲み食いをしていた印象。いわゆるチャンネル権が無い私は、笑ってはいけない24時、ジャニーズカウントダウンで年を越し、元旦はもうよくわからず、格付けチェックぐらいか。

1月2日、3日に連続してユニクロでウルトラライトダウンベスト(¥2,990)、エアリズムのタイツ(¥1,990)半額になっていた防風パンツ(¥1,980)を買い今年のゴルフにオール柳井(c:ジェーン・スー)で臨むことになる。

 

1月3日はユニクロ含めて銀座、神田界隈をぶらぶら。体調不良であった配偶者を気遣い中華粥にでもしようかと思ったがお休み。お目当の店の近所のイエロースパイスでスープカレーセット(¥1,600)を食べる。辛口にしたら本当に辛くて汗が吹き出る。

夕食はふるさと納税で届いた豚肉をタモリ流の生姜焼きにして、半額だった千切り済みキャベツ(¥50)を敷いてハフハフ食べる。

 

クラフトジンが欲しい。

f:id:toisikun:20190103130702j:plain

 

久しぶりの下北沢で久しぶりのステーキ 250g ¥1750

f:id:toisikun:20180817211655j:plain

先週の金曜夜、好きなラジオ番組であるアフター6ジャンクションの公開生放送があるとのことで、仕事を終えて下北沢へ向かった。

公開生放送自体はパーソナリティーやゲストの姿はほぼ見えず、ただ外に出てきたしまおまほさんやスーパーササダンゴマシンさんを間近に見ることができて満足した。

途中、友人と合流して、彼の案内で下北沢のル・モンドでステーキを食べた。思えば下北沢も前回いつ降り立ったのかも思い出せず、ステーキだってそうである。ただ覚えているのは下北沢は僕にとってはあまり面白くなかった記憶があり、ステーキは食べるたびに肉に負けて胃が疲れる感じでった。

 

だけども今回のル・モンドリブロースステーキ 250g ¥1750は違った。レアで焼いてもらったが、美味しい。くどくないソース、しっかりと味のある肉。実はこの直前、公開放送の場所についてビールとフライドポテトを食べたにも関わらず、するすると食べられた。

食後も大満足で肉に負けたというよりも共に歩いたという感じだった。ありがとうリブロース、ありがとうル・モンド。ビールは¥550。

 

ディズニーランドへ ウィークデイパスポート¥6,400

f:id:toisikun:20180511180154j:plain

数年ぶりにディズニーランドに行ってきました。5月の11日。よく晴れ、風が強くやや寒いかなといった自分としてはちょうどいい気候。

f:id:toisikun:20180511135931j:plain

私がディズニーランドから離れている数年のうちに、スターツアーズ、ジャングルクルーズ、そしてイッツアスモールワールドがリニューアルされていました。スターツアーズは音量がイマイチ、画面もなんか小さいなあと思いました。ジャングルクルーズもまあこんなもんかと。

f:id:toisikun:20180511122105j:plain

イッツアスモールワールドは、小さい頃は何の面白みもない退屈なアトラクションだと思っていたけど、そろそろ35歳、人生いろいろあったし、これからもいろいろあるような人間にはぐっと響くものがありました。湿気でふやけたような(実際にはピーンとしている)紙とインクの混じった匂いが、色とりどりの景色と相まって、本当に絵本の中に入ってしまったような感覚に陥ってしまい、涙を流してしまいました。あの歌も、やっぱり日本語独特の響きが一番好き。

f:id:toisikun:20180511131217j:plain

 

プロントがちょうどいい人

f:id:toisikun:20171217195956j:plain高すぎず、安っぽすぎず、メニューの気が利いてて入りやすい。それがプロント。1次会としてガンと飲んでも耐えられる。(締めは別の店で蕎麦なんてのも良い)。2次会でタラタラと飲んでられるつまみが豊富。なんだかおしゃれっぽい感じもあるんだけど、テレビがあって日曜日に鉄腕DASHなんてやってる事もある。こちらも全てのメニューに挑戦してみたい。

日暮里 斉藤湯 460円ドライヤーは10円生ビールは400円

f:id:toisikun:20171105213625j:plain

自宅の風呂は追い炊きもできず、何かの不調かお湯を流した後に、時々硫黄の臭いがするのでよっぽどのことがない限りは日々シャワーで済ませており、自宅の浴槽は飾りとなっている。そうかといって湯船が恋しくならないかといえばそうでもなく、ざぶんと浸かってんん〜っと伸びなんかしたくもなる。たまに温泉なんかに行って、すっかり浸かったあとはえも言えない充実感で、ごろんと自販機で缶ビールなんか買って、パカシャっと開けて、部屋に帰る道すがらでちびちびと飲み始めたなんか日なんかもう最高だ。日常でやりたい。これこそが命の洗濯なのだ。

それが日暮里でできる。自宅からそう苦労しない距離でそれができる。日暮里は斉藤湯。リノベーションされた綺麗な建物。炭酸風呂や外風呂がフィーチャーされがちだけど、強烈な電気風呂と、20度前後の水風呂が私のお気に入り。電気風呂はこのまま昇天してしまうのではないかと思うぐらいの電気の圧迫感。手がブルブルと震えるぐらいの強さが最高。水風呂もサウナがないのでこれぐらいの温度がちょうど良い。

この銭湯はフロントにビールサーバーがあって、生ビールが注文できる。のんびりテレビを見て、柿の種をつまみながらビールが飲める。

歴史を重ねた重厚な銭湯も良いのだけど、こういう色々な工夫をしている銭湯に会うとうれしくなるし、応援したくなるので、ついつい通ってしまうなあ。